小さなお葬式の小さな一日葬について紹介しましょう。

 

小さなお葬式のプランの一つ、小さな一日葬は通夜式を行わず告別式、初七日を行った後火葬するタイプです。小さなお葬式の小さな一日葬では仏式のほか、キリスト教式、神式、創価学会式にも対応しています。

 

小さな一日葬では一日で告別式と火葬を行う形式になっています。参列者は遺族・親族をはじめ友人など本当に個人と近しい付き合いのあった関係者だけです。

 

小さなお葬式には小さな火葬式という火葬だけの葬儀タイプもありますが、それよりはもう少し長く故人とのお別れをする時間を過ごしたいと言う方に向いているのが小さな一日葬なのです。実際、小さなお葬式を利用する方の約25%がこの一日葬を選択しています。

 

小さな一日葬の費用は通常価格338,000円です。資料請求をするともらえる5,000円無料券を使えば333,000円です。こうした金額は遺体の搬送から安置、告別式、初七日、火葬まですべてを終えるために必要なものが含まれています。

 

この金額以外に必要となるものは寺院費用総額85,000円ですが、これは希望する場合だけに発生する費用です。

 

小さなお葬式の小さな一日葬では通夜式にかかる費用が必要なくなるので一般の通夜式・告別式を行う葬儀より費用が抑えられます。小さなお葬式の一日葬はたしかに通夜は行いませんが、必要なサービスを十分充実させたうえで低い費用を実現させているので、通夜を行わないから葬儀の内容が寂しい、といったことはありません。

 

具体的な詳細を知りたい方はぜひ無料の資料請求をしてみてください。





カテゴリー : 小さなお葬式の概要