小さなお葬式では家族葬もできます。小さなお葬式の小さな家族葬というタイプは通夜式、告別式を行うスタイルのプランです。小さな家族葬は仏式のほか、キリスト教式、神式、創価学会式などに対応しています。

 

小さな家族葬は小さなお葬式のプランのなかでは一般に行われている葬儀に一番近い形式だということができます。

 

小さな家族葬はまず遺体の搬送・安置からはじまります。その次に通夜式、告別式、初七日、火葬という段取りになっています。

 

ところで家族葬とはどんなものなのでしょうか。

 

家族葬とは、簡単に言えば一般の葬儀の小型版ということになります。一般の葬儀より規模が小さいということです。

 

葬儀の参列者を見るとそれがよくわかります。家族葬の参列者は家族、親族だけの場合もありますし、故人とごく親しかった人にも声をかける場合もありますが、近所の人や会社関係者などプライベートで親しかったわけではない人には声を掛けないのが基本です。

 

家族葬は儀礼的な葬儀ではなく、故人をしのぶための葬儀をしたいという考え方が広がるなかで注目されている葬儀プランですね。

 

小さなお葬式の家族葬の費用は遺体の搬送から火葬までのすべてに必要なものが含まれたもので、通常価格498,000円です。無料資料請求をすると5,000円の無料券がもらえますので、これを使うと493,000円になります。

 

希望により寺院を手配することもできます。その場合の費用は一律160,000円で戒名授与付きです。

 

一般の葬儀費用に比較するとずいぶん低価格なのですが、これは本当に必要なものだけを残して形式的なサービスを省いていった結果です。低価格でも必要なサービスは充実しています。小さなお葬式の家族葬に関心を持たれましたら資料請求をしてみてください。





カテゴリー : 小さなお葬式の概要