小さなお葬式では海への散骨を依頼することもできます。小さなお葬式の海洋散骨にかかる費用は総額55,000円で追加料金はいっさい不要です。

 

では小さなお葬式の海洋散骨の流れを紹介しましょう。

 

海洋散骨の申し込みは小さなお葬式ホームページまたは電話で行います。申し込みが受け付けられたらクレジットカードまたは銀行振り込みで費用を支払います。

 

支払いが確認された後、小さなお葬式から連絡が入るので、火・埋葬許可証、死亡届出書、改葬許可証、除籍謄本のうちいずれかのコピー、依頼者の身元証明として健康保険証、運転免許証、住民票、戸籍謄本のうちいずれかのコピー、以上2点の書類を準備します。

 

この2点の書類と遺骨を梱包してゆうパック着払いで小さなお葬式に郵送します。

 

小さなお葬式に届いた遺骨は粉末状に加工され水に溶ける袋に梱包されます。

 

散骨の実施日は遺骨が7名分集まった時点で決まります。実施日が決まったら連絡が入ります。また、散骨実施当日は散骨への出航の連絡が入ります。

 

船が散骨ポイントに到着後、小さなお葬式スタッフによる散骨、献花、献酒・献水、黙とうが行われます。船が寄港後、散骨終了の連絡が入ります。

 

後日、散骨ポイントの北緯、東経などが記された散骨証明書と散骨の様子を記録した写真アルバムが送られてきます。

 

小さなお葬式の散骨海域は沖縄、東京湾、湘南、駿河湾、南紀白浜、伊勢志摩、博多湾、大洗、小名浜の9つの産みから選択できます。海洋散骨を生前から希望されていた故人の遺志をかなえるために小さなお葬式の海洋散骨を検討してみてはどうでしょうか。





カテゴリー : 小さなお葬式はこんなことも可能