小さなお葬式では法事・法要の手配も行っています。最近は寺院との付き合いがない家庭も少なくないので、法事・法要といってもどうすればよいのか迷ってしまう方も多いと思います。そんなときも小さなお葬式の寺院手配を利用してみるとよいでしょう。

 

最近の法事・法要は以前に比べると簡略化されていく傾向がありますが、やはり四十九日と初盆・新盆、一周忌の法要という3回を行う場合がほとんどです。こうした法事・法要を行うにしてもお寺とのお付き合いというのはわかりにくいものですね。

 

小さなお葬式の寺院手配の場合、法事・法要でお世話になる寺院については檀家になる必要はありません。法事・法要一回ごとの依頼なのでその後のお付き合いは考えなくてもよいのです。寺院とのお付き合いが面倒だと思われる方が多いのですが、その心配はまったくありません。

 

もうひとつ気になるのが法事・法要を依頼した寺院に対して支払う金額です。

 

一般的にはお布施、お車代、御膳料、心づけといったものが必要で、地域による差などもありますが合計50万円程度が相場と言われています。一方、小さなお葬式で法事・法要の寺院手配を依頼した場合、こうした費用すべてを含んで総額35,000円です。

 

故人供養のため最低限の法事・法要は執り行いたいという方は小さなお葬式の寺院手配を検討してみてはどうでしょうか。

 

寺院手配は小さなお葬式のホームページまたは電話で予約できますが、お彼岸など時期によってはとても込み合うので早めに依頼することをおすすめします。





カテゴリー : 小さなお葬式はこんなことも可能