終活について紹介しましょう。

 

終活という言葉は週刊誌『週刊朝日』で使われたのが最初だとされています。終活というのは人生の終わりのための活動ということです。人生の最後を迎える準備全般を指します。

 

では終活とは具体的にどんなことをすればよいのでしょうか。

 

人生の終わりということでまず考えなくてはならないのが葬儀やお墓のことです。葬儀やお墓は以前に比べてさまざまなスタイルが提案されています。

 

葬儀について見てみると、これまでの葬儀のような通夜も告別式も行わない直葬というスタイルも選択できます。これは火葬だけを行うもので無宗教の方が増えるにつれて関心が持たれているものです。

 

お墓について見てみれば、たとえば女性はこれまで当たり前のように嫁ぎ先の家のお墓に入っていたわけですが、最近は自分だけ別のお墓を持ったり、散骨を選んでお墓に入らないなどさまざまな選択をする方が徐々に増えています。

 

葬儀やお墓以外には、財産の相続があります。身の回りのものをある程度整理したうえで、財産をどのような形で相続させるのかを計画しておくなど、自分の死後、遺族の負担になるようなことを生前に片づけておくことも終活です。

 

終活という言葉は2012年には年末の新語・流行語大賞でトップテンに選出されるほど知られるようになりました。それとともに終活そのものに関心を持つ方も増え、終活についての書籍も多く出版されています。終活をしたいという方たちをサポートする社団法人終活カウンセラー協会という団体もあります。

 

元気なうちから自分が死んだあとのことをきちんと考えてみてはどうでしょうか。





カテゴリー : 葬儀等に関するアレコレ