葬儀のトラブルについて具体的な例を紹介しましょう。

 

町内会が同じでずっとご近所づきあいをしていた葬儀社があったのでそこに依頼して葬儀をまかせることにしたケースのトラブルです。

 

故人が生前から身内だけで静かな葬儀をしてほしいと話していたので、故人の気持ちに沿う葬儀をしたいと思いながら葬儀社の社長と打ち合わせをしたところ、結局、社長がすすめる、いわゆる立派な葬儀を頼むことになってしまいました。

 

社長のアドバイスに押し切られたこと、ご近所付き合いのことを考え断りきれなかったこと、不安な気持ちや悲しい気持ちから立派に送ってあげたほうがよいのではと思ったこと、などが重なって周囲も驚くほど大そうな葬儀に。

 

そんなに立派な葬儀を頼んだつもりはない、とも言いだせず、葬儀が終わってみれば総額200万円近い費用を支払うことになっていました。

 

こうしたトラブルのケースのように近所の葬儀社に葬儀を依頼することはめずらしくありません。

 

突然葬儀を出さなければならなくなるのですから、手近にお願いできる葬儀社があればそこを頼りたくなりますね。そんな場合の葬儀のトラブルを避けるポイントはどんな葬儀をしたいのかを葬儀社に伝えることです。

 

突然葬儀を出すことになるのですから時間の余裕も気持ちの余裕もありませんが、故人の遺志、予算などがわかっていたらはっきり葬儀社に伝えたうえで打ち合わせを始めることが大切です。

 

葬儀のトラブルを避けるためには、できることなら万一の時のために葬儀社の比較をしておくことも必要です。

 

近所だから良心的な葬儀社だとは限りません。今はネットで簡単に見積もりをすることもできますし、いろいろな葬儀のスタイルも選べます。選択の幅を広げて自分の希望する葬儀をサポートしてくれるような葬儀社をさがすことをおすすめします。





カテゴリー : 葬儀等に関するアレコレ