葬儀の流れについてまとめてみました。

 

葬儀の流れとしては受付開始からはじまり閉式まで全体の所要時間は1時間半~2時間といったところが目安となります。

 

葬儀は、受付開始、着席、開式、読経、僧侶による焼香、弔辞・弔電奉読、一般参列者による焼香、閉式といった流れになっています。

 

一般参列者が参列する葬儀の流れはここまでですが、その後故人との最後のお別れとして、喪主から順に遺族が棺に生花を入れて合掌します。棺にふたをして喪主~順番に棺のくぎ打ちを行います。そして位牌、遺影、遺骨の箱、棺の順に霊柩車に向かいます。

 

ここで一般参列者を含む葬儀参列者に喪主が挨拶をしたあと火葬場へ移動します。火葬場に同行しない参列者はここまでの参列となります。

 

火葬許可証は葬儀会社の担当者に渡しておきます。火葬場に到着後、棺を火葬炉の前に運んで読経が行われ、その後、焼香をして火葬となります。遺体がお骨になるまで控室で待機。火葬が終わったら骨あげです。係員の指示にしたがって遺骨を骨壺におさめます。

 

その後火葬場から自宅または葬儀場に移動し、遺骨法要を行います。そして僧侶を主賓として親族、来賓を接待する精進おとしの席を設けます。遺族が接待を行い、引出物を配布します。お布施はこのあと僧侶がお帰りになるときにお渡しします。精進おとしの会食をもって葬儀の1日が終了します。

 

地域差もありますが、葬儀の流れはだいたい以上のようになります。これ以外に葬儀を執り行うための準備や通夜式の段取りもあります。慣れないことで戸惑うことも多いので親身になってサポートしてくれる葬儀社を選択することも大切ですね。





カテゴリー : 葬儀等に関するアレコレ