葬儀の費用はどのくらいかかるものなのでしょうか。

 

よく言われているのが葬儀社に支払った葬儀費用は120万~150万円というものです。なかには200万を超える金額が全国平均だというデータもあります。

 

こうした金額の差が出る理由の一つが地域による葬儀のちがいです。住んでいる地域によって葬儀の慣習がちがうので葬儀にかける費用が多い地域、簡素に済ませる地域とで葬儀費用の差が開くと考えられます。

 

また、故人がどのような人であったかによっても葬儀費用は異なります。たとえば付き合いの広い方が亡くなった場合とごく限られた人との付き合いしかなかった方が亡くなった場合とでは葬儀の規模が変わってくるので葬儀費用にも影響してきます。

 

このように葬儀社に支払う費用の金額はちがっても一般に葬儀に必要とされる出費には、通夜・告別式を依頼する葬儀社への支払い、通夜や精進おとしの飲食接待費、寺院への支払いがあります。

 

葬儀社への支払いは先に書いたように120万~150万円、飲食接待費は参加者一人あたり2,000~3,000円、寺院費用は戒名授与も含めて50万円ほどというのが目安になります。

 

葬儀にかかる費用は一人一人ちがうと考えたほうがよいので生前にいくつかの葬儀社で見積もりをとっておくのが一番です。

 

今は家族葬など葬儀のスタイルがいろいろあります。希望の葬儀のスタイルのほか、参列してほしい方のリストなどから見積もりを出してもらい比較しておくと万一のときに家族が葬儀社を選択しやすくなります。

 

具体的な葬儀費用の目安を知るためにも生前から葬儀について考えておくことをおすすめします。





カテゴリー : 葬儀等に関するアレコレ