小さなお葬式の評判や口コミ、プラン内容、料金などを解説しています。小さなお葬式は、お葬式を遺族と故人の最後の時間と捉え、遺族にとっての満足度を最優先に追求した新しいタイプの葬祭サービスを提供します。昔ながらの葬儀スタイルに疑問をお持ちの方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 小さなお葬式はこんなことも可能

小さなお葬式はこんなことも可能

小さなお葬式と散骨

小さなお葬式では海への散骨を依頼することもできます。小さなお葬式の海洋散骨にかかる費用は総額55,000円で追加料金はいっさい不要です。

 

では小さなお葬式の海洋散骨の流れを紹介しましょう。

 

海洋散骨の申し込みは小さなお葬式ホームページまたは電話で行います。申し込みが受け付けられたらクレジットカードまたは銀行振り込みで費用を支払います。

 

支払いが確認された後、小さなお葬式から連絡が入るので、火・埋葬許可証、死亡届出書、改葬許可証、除籍謄本のうちいずれかのコピー、依頼者の身元証明として健康保険証、運転免許証、住民票、戸籍謄本のうちいずれかのコピー、以上2点の書類を準備します。

 

この2点の書類と遺骨を梱包してゆうパック着払いで小さなお葬式に郵送します。

 

小さなお葬式に届いた遺骨は粉末状に加工され水に溶ける袋に梱包されます。

 

散骨の実施日は遺骨が7名分集まった時点で決まります。実施日が決まったら連絡が入ります。また、散骨実施当日は散骨への出航の連絡が入ります。

 

船が散骨ポイントに到着後、小さなお葬式スタッフによる散骨、献花、献酒・献水、黙とうが行われます。船が寄港後、散骨終了の連絡が入ります。

 

後日、散骨ポイントの北緯、東経などが記された散骨証明書と散骨の様子を記録した写真アルバムが送られてきます。

 

小さなお葬式の散骨海域は沖縄、東京湾、湘南、駿河湾、南紀白浜、伊勢志摩、博多湾、大洗、小名浜の9つの産みから選択できます。海洋散骨を生前から希望されていた故人の遺志をかなえるために小さなお葬式の海洋散骨を検討してみてはどうでしょうか。

小さなお葬式と法事

小さなお葬式では法事・法要の手配も行っています。最近は寺院との付き合いがない家庭も少なくないので、法事・法要といってもどうすればよいのか迷ってしまう方も多いと思います。そんなときも小さなお葬式の寺院手配を利用してみるとよいでしょう。

 

最近の法事・法要は以前に比べると簡略化されていく傾向がありますが、やはり四十九日と初盆・新盆、一周忌の法要という3回を行う場合がほとんどです。こうした法事・法要を行うにしてもお寺とのお付き合いというのはわかりにくいものですね。

 

小さなお葬式の寺院手配の場合、法事・法要でお世話になる寺院については檀家になる必要はありません。法事・法要一回ごとの依頼なのでその後のお付き合いは考えなくてもよいのです。寺院とのお付き合いが面倒だと思われる方が多いのですが、その心配はまったくありません。

 

もうひとつ気になるのが法事・法要を依頼した寺院に対して支払う金額です。

 

一般的にはお布施、お車代、御膳料、心づけといったものが必要で、地域による差などもありますが合計50万円程度が相場と言われています。一方、小さなお葬式で法事・法要の寺院手配を依頼した場合、こうした費用すべてを含んで総額35,000円です。

 

故人供養のため最低限の法事・法要は執り行いたいという方は小さなお葬式の寺院手配を検討してみてはどうでしょうか。

 

寺院手配は小さなお葬式のホームページまたは電話で予約できますが、お彼岸など時期によってはとても込み合うので早めに依頼することをおすすめします。

Page 2 / 212
PAGETOP
Copyright(c) 小さなお葬式の評判・口コミ、プラン内容、料金など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「小さなお葬式の評判・口コミ、プラン内容、料金など解説」(http://www.wikileaksufo.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。