小さなお葬式の評判や口コミ、プラン内容、料金などを解説しています。小さなお葬式は、お葬式を遺族と故人の最後の時間と捉え、遺族にとっての満足度を最優先に追求した新しいタイプの葬祭サービスを提供します。昔ながらの葬儀スタイルに疑問をお持ちの方は必見です。
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 葬儀等に関するアレコレ

葬儀等に関するアレコレ

葬儀の費用はどのくらいかかる?

葬儀の費用はどのくらいかかるものなのでしょうか。

 

よく言われているのが葬儀社に支払った葬儀費用は120万~150万円というものです。なかには200万を超える金額が全国平均だというデータもあります。

 

こうした金額の差が出る理由の一つが地域による葬儀のちがいです。住んでいる地域によって葬儀の慣習がちがうので葬儀にかける費用が多い地域、簡素に済ませる地域とで葬儀費用の差が開くと考えられます。

 

また、故人がどのような人であったかによっても葬儀費用は異なります。たとえば付き合いの広い方が亡くなった場合とごく限られた人との付き合いしかなかった方が亡くなった場合とでは葬儀の規模が変わってくるので葬儀費用にも影響してきます。

 

このように葬儀社に支払う費用の金額はちがっても一般に葬儀に必要とされる出費には、通夜・告別式を依頼する葬儀社への支払い、通夜や精進おとしの飲食接待費、寺院への支払いがあります。

 

葬儀社への支払いは先に書いたように120万~150万円、飲食接待費は参加者一人あたり2,000~3,000円、寺院費用は戒名授与も含めて50万円ほどというのが目安になります。

 

葬儀にかかる費用は一人一人ちがうと考えたほうがよいので生前にいくつかの葬儀社で見積もりをとっておくのが一番です。

 

今は家族葬など葬儀のスタイルがいろいろあります。希望の葬儀のスタイルのほか、参列してほしい方のリストなどから見積もりを出してもらい比較しておくと万一のときに家族が葬儀社を選択しやすくなります。

 

具体的な葬儀費用の目安を知るためにも生前から葬儀について考えておくことをおすすめします。

葬儀の流れ

葬儀の流れについてまとめてみました。

 

葬儀の流れとしては受付開始からはじまり閉式まで全体の所要時間は1時間半~2時間といったところが目安となります。

 

葬儀は、受付開始、着席、開式、読経、僧侶による焼香、弔辞・弔電奉読、一般参列者による焼香、閉式といった流れになっています。

 

一般参列者が参列する葬儀の流れはここまでですが、その後故人との最後のお別れとして、喪主から順に遺族が棺に生花を入れて合掌します。棺にふたをして喪主~順番に棺のくぎ打ちを行います。そして位牌、遺影、遺骨の箱、棺の順に霊柩車に向かいます。

 

ここで一般参列者を含む葬儀参列者に喪主が挨拶をしたあと火葬場へ移動します。火葬場に同行しない参列者はここまでの参列となります。

 

火葬許可証は葬儀会社の担当者に渡しておきます。火葬場に到着後、棺を火葬炉の前に運んで読経が行われ、その後、焼香をして火葬となります。遺体がお骨になるまで控室で待機。火葬が終わったら骨あげです。係員の指示にしたがって遺骨を骨壺におさめます。

 

その後火葬場から自宅または葬儀場に移動し、遺骨法要を行います。そして僧侶を主賓として親族、来賓を接待する精進おとしの席を設けます。遺族が接待を行い、引出物を配布します。お布施はこのあと僧侶がお帰りになるときにお渡しします。精進おとしの会食をもって葬儀の1日が終了します。

 

地域差もありますが、葬儀の流れはだいたい以上のようになります。これ以外に葬儀を執り行うための準備や通夜式の段取りもあります。慣れないことで戸惑うことも多いので親身になってサポートしてくれる葬儀社を選択することも大切ですね。

Page 1 / 3123
PAGETOP
Copyright(c) 小さなお葬式の評判・口コミ、プラン内容、料金など解説  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「小さなお葬式の評判・口コミ、プラン内容、料金など解説」(http://www.wikileaksufo.com/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。